かっぱ寿司のチョコとホイップでたべるフライドポテトを食べてみた

2017/05/15

広告漫画家似顔絵師さや☆えんどうです。

タイトルそのまんま、
「かっぱ寿司」の「チョコとホイップでたべるフライドポテトを食べてみた」という話題です。

時々、寿司屋とは思えない個性派メニューが気になる回転寿司屋「かっぱ寿司」。

大抵は期間限定メニューで、出てきたと思ったら、次に行ったときには、すでに消えているなんてことも…

でもその中で、
「チョコとホイップでたべるフライドポテト」というメニューは、ずいぶん長いことレギュラーの座に座っているので、気になっていました。

こういうチャレンジメニューは、地雷じゃないかと思うんですが、皆さんは積極的に食べてみる方ですか??

えんどうは、気が向いたらチャレンジしています。

今回は思い切って注文してみました。

 

チョコとホイップでたべるフライドポテトの姿はこんな感じだ!

チョコとホイップでたべるフライドポテト

普通にフライドポテトにチョコレートがかかっていますね。
生クリームが添えてあると、急にスイーツの雰囲気が出ます。

特にフォークなども添えていません。「テーブルにそなえつけの、子供スプーン・フォーク、大人スプーン・お箸の中からチョイスして、これを食べろ。」ということでしょうか?

スプーンでは食べづらいと思うので、大人はお箸を想定しているのでしょうか?結局手掴みでつまみましたが、チョコが手につく感じです。

お味の方ですが、チョコやクリームがお口の中に残っているときは、まさにスイーツの味です。
サツマイモを使ったスイーツのような食感。

しかし、お口に残る後味は、かすかに塩味感じるフライドポテトそのもの。

もちろんまずくはないし、楽々完食しましたが、スイーツとしては甘味がおとなしく、できればサツマイモで作って欲しい気持ちにかられました。

 

結論

罰ゲームに使えるほど地雷ではなかったけど、リピートしたいほどすばらしく美味しいとも感じなかったです。

目先の変わったものを食べて、新鮮な気持ちを味わいたい人には、ちょうどいいのではないでしょうか?


>前の記事 遺伝子に仕組まれた断捨離「巣篭もり本能」


くら寿司のシャリカレーパン&コーラ体験してみた

似顔絵プロフィールアイコン作ります LINE、SNSなど対応サイトは現在19種類。

ロイヤルホストのコスモドリアにたぶんみんな思うこと

お勧め記事

もう手放せない!仕事に便利な無料ソフト4選

しおこのおひな祭特大号

作曲家さん販促4コマ漫画


-小ネタ, 雑談コラム
-

この記事がお勧め!