遺伝子に仕組まれた断捨離「巣篭もり本能」

2017/05/15

現在0歳児の育児中で、育児休暇の状態の、広告漫画家似顔絵師さや☆えんどうです。

今日は妊娠中にえんどうの身に起こった、変化についてお伝えします。

実家から送られたダンボール数箱がありまして、中身は昔描いた絵や漫研部誌が入っていました。
どうにも邪魔だったので、スキャナで取り込んでデジタルデータにして、本体を捨て始めました。

なんせ、マンションは狭いのに、赤子が一人増えるのだから、なんとかしてダンボールだけでも無くしたかった。

そうしたらそれを皮切りに、服を捨て、古い化粧品も捨て、冷蔵庫の奥までさらって古い食べ物も全部捨てました。

そんなに持っていないつもりのカバンも30個以上出てきて、びっくりしながら捨てました。

つまり私は、妊娠中にいきなり断捨離に開眼したのでした。


本当に持ち物が多くて、何ヶ月もかけて断捨離しました。

捨てるものが出すぎて、次のゴミ収集の日までにゴミ入れのビニール袋が大量に居間に鎮座し、結構うっとうしかったのを覚えています。

(それでもまだまだ物が多いですが。)

狂ったように断捨離する私を見て、夫が恐れをなしたのか、ネットで調べてきて教えてくれました。

「巣篭もり本能」

妊娠後期に出ることが多い。
「子供のために巣を整えたい」という気持ちからか、台所や棚の中を掃除しはじめたり、いらないものを一気に捨てたりする行動のこと。

だそうです。

なんと、妊娠という自然の摂理の中に「断捨離」が組み込まれていたようなのです。

 

自然の本能に従って断捨離した結果、どうなったのか?

さぞやすっきりきっぱり綺麗なマンションになったかと思いきや、そもそも物が多すぎたのか、イマイチ片付ききらないです。

でも、物が減ると格段に家事が楽になります。

同じ種類のものを一箇所に集めたことで、収納場所が確定し、探しやすくなりました。

服が多すぎて、衣替えに2日かかってたのが、1日程度で済むようになりました。

赤ちゃんを抱えて、家事に時間を使えない身にとって、大変嬉しい変化です。

本能に従った結果、力技で家事を頑張るだけでなく、根本的に楽になる方法を教わった気がします。

現在、子供を産んだ後も、時々隙間時間で断捨離をしています。

 

ちなみに、断捨離をやってみたい人に、断捨離が加速するお勧めアイテムがあります。

それは「断裁機(本の背表紙を切り落とす用)」と「SCANSNAP(本を一気にスキャンする機械)」です。

富士通 FUJITSU ScanSnap iX500 (A4/両面/Wi-Fi対応) FI-IX500A

これがあると、ものすごい勢いで本や書類が取り込めます。

あなたが断捨離をするときに参考になりますように…。

お勧め記事

もう手放せない!仕事に便利な無料ソフト4選

しおこのおひな祭特大号

作曲家さん販促4コマ漫画


-雑談コラム

この記事がお勧め!