漫画・似顔絵描きます! ビッ●リマン風似顔絵シール・アイコン データで似顔絵作成 販促・イベント企画にも

さや☆えんどうの漫画制作 広告まんが・宣伝マンガ描きます!ビッ●リマン風似顔絵シール・アイコン作成 データで似顔絵作成 販促・イベント企画にも タンブラー・額入りなど グッズも

googleanalytics

※完全オンラインで納品まで可能

漫画・イラスト・デザイン制作コラム

本のイラスト素材ができるまで01

更新日:

広告漫画家・似顔絵師 さや☆えんどうです。

ここ数か月、「読書」で本の感想をアップしているのですが、
「読書感想・書評」一覧

自作のイラスト画像が同じになっちゃっているので、少し退屈かなと思い、新しくイラスト素材を作ろうかと思いました。

完成後は、素材販売サイトのPIXTAからも購入できるようにしようかと思っています。

 

まずは下絵

本の素材制作下絵02

最終的にはパソコンでデジタル素材にするつもりですが、下絵は紙に書いてアイデアを練っています。

コピー用紙に描いてますが、ウチの素材の絵柄では、何の紙に描いても仕上がりの質に影響しないからです。(パソコン作業で
で、下絵がそのまま使われる部分が0のため)

下絵も全部デジタルだと、なぜか私自身が「イマイチ」と感じてしまうことが多いからですが。

この辺は絵柄によったり、絵かきさんによるところだと思います。

本の素材制作下絵01

最近は鉛筆が好き。

 

スキャナで取り込んでから線画

CLIP STUDIO PAINTからスキャナーを立ち上げて取り込み、JPGで保存してillustratorの配置から下絵にします。

うちのphotoshop少しバージョンが古くて、スキャナとつながらなくなっちゃったんですよね…

CLIP STUDIOがあって重宝しています。

本の素材制作線を引いているところ01

adobe Illustrator(以下AI)画面。

今回制作するのは本ですが、AIらしく楕円や四角などの図形や左右反転などの機能を使って、本の部分を作っています。

ちなみにキャラは、図形はあまり使わず、パスで引くことが多いです。

本の素材制作線を引いているところ02

線画完成です。

 

線を尖らせる

AIは、デフォルトの線ははじっこが丸いです。

そのままでいいところもありますが、ちょっと尖らせたい部分もありますので、そういう部分を尖らせます。

本の素材制作線のはじを尖らせたところ

 

続きはまたレポートします!

>前の記事 書籍のDTPデザインのお仕事報告!本できました!
>次の記事 本のイラスト素材ができるまで02

↓ビッ●リマン風似顔絵アイコン作ります
ビッ●リマン風似顔絵制作します!

 

この記事がお勧め!

-漫画・イラスト・デザイン制作コラム

Copyright© さや☆えんどうの漫画制作 広告まんが・宣伝マンガ描きます!ビッ●リマン風似顔絵シール・アイコン作成 データで似顔絵作成 販促・イベント企画にも タンブラー・額入りなど グッズも , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.