超初心者がカメラで子供の作品を撮る時気づいたコツ

超初心者がカメラで子供の作品を撮る時気づいたコツ

広告漫画家・似顔絵師 さや☆えんどうです。

お子さんをお持ちの方、子供の持ち帰ってきた作品、どうしてますか?

うちはスキャナーがあるので、スキャナーに入るサイズのものは取り込んでデータを保存して本体は捨てています。

しかし、明らかにスキャナーより大きい作品は、スキャンできないので、デジカメで撮ってから捨てています。

ところで私は「絵描き」ですが、カメラで撮るのはへたくそです。

そんなえんどうが、子供の絵を撮りながら、ちょっとしたコツを見つけましたので、備忘録的にUPしておきます。同じようなレベルの誰かの役に立てばと思います。

悩み1暗ーく写ってしまう

逆光だったり、場所のせいで立てかけたらイマイチ暗い。

フラッシュを焚いても真ん中以外は暗すぎてしまう。

毎回Photoshopで色補正するけど、その出来上がりも色がちょっと変。

ありますよね。

悩み2自分の影が映ってしまう

明るいだろうと床に置いた状態で撮ると、自分のカメラを持った腕の影が落ちています。

腕の位置をずらしても、どうしても端っこが影になってしまう。

机の脇のクリップライトを外して使って照らしてみたりしたのですが、どうしても腕が影になります。

ありませんか?

解決策はライトをカメラの上に

いい方法を見つけました。

カメラにライトのイラスト
カメラにライトのイラスト

これです!

いわゆる写真家さんが、どういう風にライトを使っていたかな?と思い出したら、カメラの上に乗る位置で固定していたんですね。

なので、机のライトをカメラの上に乗っけて撮影してみたら、わりと全体が明るくなりました。

そりゃプロの写真家さんじゃないから、上手くはないですが、子供の作品を残すには十分だと感じます。

ライトを載せた実際の差

ライト点けない状態の作品
ライト点けない状態の作品

ライトを載せる前です。もちろん明るさの補正をしていません。

ライト点けて撮った作品その1
ライト点けて撮った作品その1

ライトをカメラの上に乗せた後に撮ったもの、だいぶ明るいです。

ライト点けて撮った作品その2
ライト点けて撮った作品その2

スライムベス…?

もちろんどれも色調補正しませんでした。

最後にまとめ

いかがでしたでしょうか?

机の上に置いた作品が、自分の影も映らずに明るくなったと思います。

環境等で変わってもおかしくないと思うので、ご自分の環境でいろいろお試しください。

なお、ライトがオレンジがかっていると、写真も全体的に色がついてしまいますので、なるべく色のない光源を(蛍光灯色の電球とか)ご使用されるといいと思います。

お役に立てれば幸いです。

>前の記事 文章を読むのが苦手な人にわかりやすく表現する方法
>次の記事 鉄分補給にお勧めな「鉄玉子」体験

↓ビッ●リマン風似顔絵シール作ります
ビッ●リマン風似顔絵シール作りませんか?