くら寿司の「楽天ねり天」を食べてみた

2017/08/19

庶民のグルメ記事!?
広告漫画家似顔絵師さや☆えんどうです。

くら寿司さんの「楽天ねり天」を食べてみました。

そもそも「楽天ねり天」とはなんぞや?

くら寿司が楽天カードの楽天ポイント払いに対応したのを記念して?

なんでそこを記念しちゃったのかは置いておいて、それで出したメニューのようです。

 

楽天ねり天の情報

価格:100円+税でした。

えんどうが食べたのは「座間店」です。

100円のお皿で、びっくらぽんに対応しています。

また、楽天に関係ない普通の「ねり天」も販売されているようです。

 

実際の写真・感想

こちらが実際の「楽天ねり天」です。

くら寿司の「楽天ねり天」01

真ん中に「楽天」のあのマークが焼き印されています。

ほんのちょっとネギがのっています。

くら寿司の「楽天ねり天」02

お味は、いわしのつみれっぽい味がします。

魚の味が濃く、かすかに具をすりつぶしたざらざら感がして手作り感が出ています。

↓ビッ●リマン風似顔絵アイコン作ります
ビッ●リマン風似顔絵制作します!

 

最後に

練り物が好きでないと、おなじ100円のお皿なら「お寿司がいい」と言われそうです。

しかし、頼むと「何それ!」というインパクトがあるので、友人や家族の前で、話が盛り上がりそうです。

>前の記事 相模大野ステーションスクエア「銀のあん」の「クロワッサンたい焼き」食べてみた
>次の記事 北海道の旭山動物園を見た!半日体験談!前編

お勧め記事

子供用の積み木をなめてかかってはいけない理由

相模大野ステーションスクエア「銀のあん」の「クロワッサンたい焼き」食べてみた

もう手放せない!仕事に便利な無料ソフト4選

作曲家さん販促4コマ漫画

特集:漫画まとめて全部読む

特集:あなたにはどの似顔絵がお勧め?YesNo診断


-グルメ・食べ物
-, ,

この記事がお勧め!