漫画・似顔絵描きます! ビッ●リマン風似顔絵シール・アイコン データで似顔絵作成 販促・イベント企画にも

さや☆えんどうの漫画制作 広告まんが・宣伝マンガ描きます!ビッ●リマン風似顔絵シール・アイコン作成 データで似顔絵作成 販促・イベント企画にも タンブラー・額入りなど グッズも

googleanalytics

※完全オンラインで納品まで可能

絵師さんのお役立ち情報

イラストレーターでお習字の筆のような線を引く

更新日:

今日は便利なイラストレーターの「ブラシ」を紹介します。

折角お正月なので何かイラストをと思い
アドビイラストレーター(cs5)を開き

ブラシ機能でデフォルトで入っていた「平筆-ハシバミ」をはじめてつかってみたところ…

お正月イラスト鏡餅

上記のようなイラストが出来ました。

「ただのらくがきでしょ?」と思う方も多いかと思いますが

「アドビイラストレーター」は今まで
きっぱりはっきりした「アニメ塗り」のような

色がぼけずに境目が分かれている絵が得意なソフトと思っていたのですが

こんな墨がボケたみたいな絵が、ブラシを使って描けるってことに驚きました。

鏡餅イラスト拡大

拡大するとこんな感じになっています。

一本の線をひくだけで、
透明度があって太さの違う線が何本も引けるので、

筆っぽい線が引ける

という理屈のようです。

古い時代から使っているユーザーは、ソフトを新しくしても、
新しい機能にはついていってなかったりするので、

年始早々発見があって嬉しいです。

ちなみに「水彩」ブラシも見つけました。

アドビイラストレーターの様々なブラシは

イラレのブラシ色々

ブラシパレットの右上端の「▼三」から、ブラシライブラリを開いて読み込んで使えます。

機会を見つけて試してみると、ひょんなときに仕事に使えることもありますので、やっておくといいかもしれません。

>前の記事 漫画やイラストにオススメの自然のPhotoshopブラシ3選
>次の記事 腱鞘炎へ処方された「スミルスチック軟膏」に驚愕したこと。

この記事がお勧め!

-絵師さんのお役立ち情報
-, , , , , ,

Copyright© さや☆えんどうの漫画制作 広告まんが・宣伝マンガ描きます!ビッ●リマン風似顔絵シール・アイコン作成 データで似顔絵作成 販促・イベント企画にも タンブラー・額入りなど グッズも , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.